幼保連携型認定こども園

【2018年度版】

こどもえんみどりの教育・保育理念『地域に開かれ、地域から愛され、地域から信頼されるこどもえん』のもと地域との交流を大切にしています。行事での地域交流をする中で参加された方から、散歩時に声をかけてもらったり、収穫した野菜をいただいたりと輪が広がり、たくさんの方に支えられていることも強く感じています。
今年度も、『ゲストティ―チャー』をお迎えし、子どもたちに様々な『がっこう』を開いています。地域の方との交流の様子や保護者に掲示したドキュメンテ-ションなどを紹介します。



その他の地域交流はドキュメンテーションの次にあります。

2018.06.19 更新

堂々側ホタル同好会の土肥さん、桜井さんをゲストティ−チャ−として、5歳児が一緒に堂々公園の第4番砂留へ彼岸花の球根を植えました。その日のドキュメンテ−ションを掲示しました








☆★☆★ 避難訓練 ☆★☆★

新年度初めての避難訓練を行い、その日のドキュメンテ−ションを掲示し、保護者にもおたよりを発行しました。
 
火事や地震が起こった時に素早く避難できるよう繰り返し伝えていきます。いつ震災が起こるかは分かりません。園だけではなく、地域の方々とも協力しあえるように、引き続き日頃の地域の方とのつながりを大切にしていきたいと思います。






☆★☆★ 実習生の受け入れ ☆★☆★

学生の学びの場として保育実習の受け入れをしています。7月は1名の高校生が子どもたちと共に過ごし、保育体験を行いました