幼保連携型認定こども園



特集 地域との関わり

すくすく育つこどもたち




こどもえんみどりの教育・保育理念『地域に開かれ、地域から愛され、地域から信頼されるこどもえん』のもと地域との交流を大切にしています。行事での地域交流をする中で参加された方から、散歩時に声をかけてもらったり、収穫した野菜をいただいたりと輪が広がり、たくさんの方に支えられていることも強く感じています。
今年度も、『ゲストティ―チャー』をお迎えし、子どもたちに様々な『がっこう』を開いています。地域の方との交流の様子や保護者に掲示したドキュメンテ-ションなどを紹介します。




その他の地域交流はドキュメンテーションの次にあります。

2018.10..1 更新
9月は敬老会や交通安全教室がありました。フォトギャラリ−や地域特集でも紹介しています。ご覧ください。









堂々側ホタル同好会の土肥さん、桜井さんをゲストティ−チャ−として、5歳児が一緒に堂々公園の第4番砂留へ彼岸花の球根を植えました。その日のドキュメンテ−ションを掲示しました









☆★☆★ 避難訓練 ☆★☆★

新年度初めての避難訓練を行い、その日のドキュメンテ−ションを掲示し、保護者にもおたよりを発行しました。
 
火事や地震が起こった時に素早く避難できるよう繰り返し伝えていきます。いつ震災が起こるかは分かりません。園だけではなく、地域の方々とも協力しあえるように、引き続き日頃の地域の方とのつながりを大切にしていきたいと思います。






2018.11.1 更新

☆★☆お芋ほり☆★☆ 

<5歳児>シルバー人材センター農夢部の方の畑でおいもを掘らせてもらいました。
「一緒に手伝って!」とおじいちゃんやおばあちゃんに応援を求める子どもたち。
大きなおいもに大喜びでした。ありがとうございました。







☆★☆9月は敬老月間☆★☆ 

9月は「敬老月間」でした。こども園でもおじいちゃん、おばあちゃんたちと様々な機会を持ち敬老のお祝をしました。(祖父母参観日についてはフォトギャラリーでご覧ください)。

☆★☆「ふれあい敬老会」☆★☆ 
9月7日(金)には地域の老人会『千寿会』、グル−プホ−ム『かがやきホ−ム新湯野』、『シルバ−センタ−農夢部』の皆様をお招きして「ふれあい敬老会」を行いました。今年も、千寿会の方の「銭太鼓」や「影絵」をみせていただき、園児もリズム・合唱・和太鼓と頑張っている姿を見てもらいました。職員による『水戸黄門』では、神辺にゆかりある物を取り入れながら、時にはアドリブも入り、ひと笑いしてもらい、参加してくださった皆様と楽しいひと時を過ごすことが出来ました。



<千寿会の出し物>


<プレゼント渡し>

☆★☆地域の敬老会に参加しました☆★☆ 

 9月17日(祝)に湯田学区の「敬老会」に5歳児が参加し、和太鼓を地域の方に披露しました。今年度初めてこどもえん以外の場所で和太鼓を披露しました。子どもたちも緊張していたようですが、たくさんの方々に見ていただき、「いつまでも元気でいて下さい」と大きな声で伝えるとたくさんの拍手をいただきました。



☆★☆実習生・ボランティアの受け入れ☆★☆ 
 学生の学びの場として保育実習の受け入れをしています。9月は4名の高校生や短期大学生が子どもたちと共に過ごし、保育体験を行いました。

高校生絵本読み聞かせ

保育実習での新聞あそび

☆★☆高校生ボランティア☆★☆ 
 広島県保育連盟連合会による「高校生のための夏休み職場体験」があり、こどもえんみどりでも受け入れ施設として8月16、25日で高校生が3名来られました。子どもたちと関わる中で、
「子どもたちと関わる事ができて嬉しかった」「保育士になりたいと更に思った」などの声も聴かれました。


じゃんけん列車 ひらがな神経衰弱


 保育士という職業に興味のある高校生が、保育の魅力や保育内容を知り、将来の職業選択の一つとして意識して頂くことを目的としており、実際に子どもたちとかかわることで、さらに保育士になりたいという夢を膨らませていたように思います。9月にも1名高校生がボランティアに来ることを楽しみにしています。

大型絵本読み聞かせ

これからも、若い人たちに、こども園の仕事を知ってもらい、夢に向かって応援していきたいと思います。


☆★☆チャレンジウィーク中学生職場体験☆★☆

神辺町内の中学校より子どもたちが職場体験に来ました。中学生の中には卒園児もいて、自分たちが子どものころを思い出すと共に、「働く」ことの大切さに気づくことができたようです。


子どもたちと一緒に、泡あそびやフィンガ−ペインティングなどの夏あそびをしたり、給食の配膳の手伝いをしました。



☆★☆★ 実習生の受け入れ ☆★☆★

学生の学びの場として保育実習の受け入れをしています。7月は1名の高校生が子どもたちと共に過ごし、保育体験を行いました