幼保連携型認定こども園

2018年2月1日更新しました。

1月生まれのお友だち
おたんじょうびおめでとう!


3〜6さいになりました

2さいになりました



★☆★伝統行事「とんど焼き」★☆★

伝統行事のとんどやき!!この行事は、開園以来毎年している伝統の行事です。とんどの火で焼いたおもちを食べると、その年は病気にならず無病息災でいられ、煙が高くまい上がると、字や絵も上達すると言われています。
とんどは、井型に薪を組んだ周りに竹を立て、形を整えます。その周りに青竹3本を立てしめ縄を一周させると、とんどの完成です。



その後、0〜3歳児のクレヨンで思い思いに絵を描いた書き初め、4・5歳児の半紙に墨で好きな文字を書いた書き初めや締め飾りを入れて火を点けます



火が落ち着き置き火になったところで各自おもちを焼いて食べます。口の周りにしょうゆやきな粉をつけておいしいそうにほおばる子もいましたよ。



今年もみんなが元気に過ごせますように・・・。



★☆★ お正月あそび ★☆★


こどもえんみどりでは、たこあげ・ゆうびんごっこ・カルタ・福笑い・すごろく・コマまわしなど昔ながらのお正月あそびを教育・保育に取り入れて子どもたちが経験しています。
たこあげでは、0歳児から自分のたこを作ります。特に5歳児はどのように作ればよく上がるか考えながら作り、実際上げては、どう直せばよいのかと自分たちで考える場面も見られました。


『あがってる?』と園庭をたくさん走ってたこあげを楽しみました


『福笑い』をしました。


目隠しをして・・・『そこそこ、もっとうえ』と盛り上がり


出来たものを見て友だちと大笑いでした。



★☆★ 人形劇 ★☆★

湯田学区街づくり推進委員会の主催で人形劇『まやくーふ』さんが来られました。
大型紙芝居「11ぴきのねこ」や人形劇「かさじぞう」を熱心に見ていました。
最後に見た仕掛け絵本では紙吹雪がたくさん舞い子どもたちは大喜びでした。




★☆★ ニューイヤーコンサート ★☆★

琴城流大正琴備後中央支部『アンサンブル コスモス』さんによる大正琴のコンサートに3歳以上児が参加しました。知っている曲も多く一緒に歌ったり、先生たちもミッキーやミニーの衣装を着て一緒に踊ったりして盛り上がりました。大正琴の音色にうっとりする子もいました。



★☆★ もうすぐ発表会 ★☆★
2月10日(土)に神辺文化会館 大ホールで2歳以上児の発表会を行います。広い舞台での発表で、大勢の方にゆったりとみて頂けることと思います。
子どもたちは、本番に向けて練習の真っ最中です。難しいリズムや長いセリフを毎日繰り返し練習することで少しずつ覚えてきています。当日お家の方に「がんばったね」「かっこよかったよ」と褒めてもらえるように子どもたちはがんばっていますので、楽しみにしてください。





★☆★ 七草がゆを食べよう ★☆★

『せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ・春の七草』という言葉を耳にすることもあると思いますが、春の七草を入れた七草粥は一月七日に食べられる風習があります。七草は早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれています。また正月のごちそうをたくさん食べて疲れた胃を休めるためともいわれています。園でもおやつで七草粥を食べました。食べる前に子どもたちに紹介するとしっかりと先生に話を聞く姿が見られました。一年の健康を祈りながらみんなでおいしく食べました。


★☆★ 0歳児の子どもたち ★☆★


★☆★ 1歳児の子どもたち ★☆★



★☆★ 2歳以上児の子どもたち ★☆★